上肢のケア



上肢の浮腫の場合に注意すること
浮腫の方は怪我をしないようにすることが大切です。特に女性は家事をする機会も多いので、その際の怪我を予防するために、ちょっとした保護が大切になってきます。
 
①針仕事や水仕事のときは、指ぬき・ゴム手袋などで手や指を保護する。
②アイロンがけや調理の際には火傷に注意する。
③庭仕事の際には必ず軍手などの手袋を着用する。
④深爪に注意し、あま皮・ささくれも常にきれいにしておく。
⑤むくみのある腕での作業や、重いものを持つなどのことはなるべく控える。
⑥手や指のひび割れを起こさないように注意し、保湿クリームで保護する。
⑦むくみのある方の腕で血圧を測らない。
などがあります。

 


運動法


浮腫の際には圧迫テーピングやスリーブをしながら軽い運動をすると効果的です。
疲れを感じるまでする必要はありません。20~30分で結構です。
目的は色々な関節を様々に動かすことですから、特に決まった運動はありませんが、具体的には 
 
①水泳をするように腕全体を大きく回す。
②肩を前後左右に大きく回す。
③肘の曲げ伸ばしをする(手の平を一緒に開閉することも)

④手首を回す。(逆も)
⑤腕全体を前後にひねる
⑥指と他の指を一本ずつくっつける。

⑦手の平どうしを合わせて押し合う。

などがあります。

  



           ページトップへ