上肢のセルフテーピング

 
 
使用するテープの数は浮腫の状態によって増減します
*弾性包帯・テーピングのコツは圧力のデコボコを作らない事です。むくみは圧力の低い部分に集まってくるからです。また、圧力をかけようとして引張りすぎてないことです。無理なテーピングは時間が経つと苦しくなり、シワがよることで皮膚を傷つけることもあります。シワの少ない滑らかで心地よいテーピングを心がけましょう。

1、準備

補助具を準備する

 

 
クリップと輪ゴムを組み合わせる 

2、下地を作る1

指を巻く

 

 
指と手掌を伸縮性包帯で巻く

3、下地を作る2 

腕全体を巻く 

 

 
腕全体をロール綿で巻く 

4、巻き始め 

6cm幅の弾性包帯 

 

 
クリップに弾性包帯を挟み輪ゴムを親指にかけて始める 

5、手首から 

1周する

 

 
手首を1周してテープを重ね安定させる 

6、巻く 

クリップを外して巻く 

 

 
手の平から指の間を通して甲へ 
 

7、続けて 

手の平・甲を巻く 

 

 
親指の外側を通して巻いて行く
 

8、全体を 

手の平から腕へ 

 

 
手の平を複数回巻いた後、残りで前腕部を巻く 

9、上腕へ 

肘の内側を上がって 

 

 
8㎝幅のテープを加えて肘の内側を斜めに上がって上腕で1周

10、上腕から前腕

肘の内側を下がって 

 

 
肘の内側を斜めに下がって前腕を巻き更に上腕へ 

11、全体を巻き上げる 

腋の下まで 

 

 
10cm幅のテープを加えて上腕全体を巻き上げて終了

12、留める

腋の下まで 

 

 
上腕部で布製絆創膏で留める
  

           ページトップへ