HOME | リンパ浮腫 | 7)リンパ浮腫セルフケア

 

マッサージの基本 

 
 

リンパドレナージュでのマッサージは皮膚との摩擦を避けることが必要です。摩擦は皮下に充血、つまり皮膚が赤くなり少しの熱をもたらします。これを避けるためのテクニックは皮膚の上を「こする」・「さする」のではなく、手の接触面を皮膚と密着させて、動かす時には皮膚と一緒に皮下組織がずれる(動く)ことを利用します。リンパ浮腫では、むくみが非常に多くパンと張っている場合にこのズレはほとんど無く、その場で皮下組織を動かそうとしても動きがあまり感じられません。しかしその場所で動きを繰り返すうちに、皮下組織が緩んで来て動く範囲が徐々に広がってくることを感じられるようになります。
 
テクニックの基本は円を描く様に手を動かす方法です。特にセルフマッサージを行う場合には、専門的な術者が使う様々なテクニックは使いにくい場合があります。テクニックは1秒に一回程度のゆっくりしたスピードで皮膚と皮下組織を円状に動かします。リンパ液を排出する方向を決め、その方向へ向かって行く場合に徐々に力を加え、最大限に達したところから戻ってくる場合に徐々に力を抜くイメージで行います。力を加えるといっても押し込む感じではなく、あくまで皮膚との密着面が皮膚の上を滑らない程度の軽い圧(皮膚にシワがよる程度)と考えて下さい。この動作を同じ場所で5回程度繰り返したら隣の場所へ移動します。 
 

 

排出方向 

 

◎排出する方向を定める
 
リンパ液を排出する方向はリンパ管の走行に基づいて決められますが、腕や脚のリンパ管は基本的に末端から中心方向へ向かって走行しています。つまり、排出方向は腕や脚それぞれの付け根方向であるということです。その他、「膝裏のくぼみ」はフクラハギからの、「足首の甲側」は足や足の趾からのリンパ液が集まってくるポイントです。そこへ向けてマッサージをします。手術や放射線照射を受けていないなどリンパ管やリンパ節が傷ついていない方でむくんでいる人(普通の人のむくみ)の場合は、この原則に従ってマッサージが出来ます。 
リンパ管にダメージを受けているリンパ浮腫の患者さんの場合は、集まってくる付け根部分やその先の部分が傷ついているので、そこへリンパ液を誘導することはできません。この場合は傷ついていない健全に働いているリンパ節のある方向へ誘導する事となります。腕のリンパ浮腫の場合は反対側の腋の下、脚のリンパ浮腫の場合は同じ側の腋の下が一般的です。
 

 

マッサージの順序



 繰り返しになりますが、リンパ管がむくみを減量させる様子は掃除機でイメージ出来ます。掃除機は吸い取ったゴミを溜めておくゴミパックが一杯では吸引力が落ちてきます。吸引力を回復させるために、①パックに溜まったゴミを処理(捨てる)します。もし、②吸い込むホースの途中にゴミが詰まっていたら、それも処理します。すると吸引力が増加し、③ゴミを多く吸い込むことが出来るようになります。このゴミに例えたものが間質液(リンパ液)です。リンパのマッサージを行う順序はこの考え方が基本です。排出する先を最初にマッサージしてリンパ液を受け入れる余裕を作ると、その隣にあったリンパ液が流れ込んで来ます。すると流れ込んできたリンパ液があったエリアに、そのまた隣にあるリンパ液を受け入れる余裕が作られるという好循環が生まれます。リンパ管内に余裕が生まれるとリンパ管の外に溜まった間質液がリンパ管内に取り込まれやすくなり、「むくみの解消」へ向かいます。そのため、リンパ液の排出先を最初にマッサージし、次いでその隣のエリア、更にその隣へと場所を移動して行き、最終的に腕や脚の末端をマッサージするという順序をとるのです。リンパ浮腫の患者さん方の場合は、傷害を受けていない腋の下などが排出先になるので、通常の手順より長い距離をマッサージすることになります。
 
◎ ソフトなマッサージ
リンパのマッサージではリンパ液を流すということを意識し過ぎる場合があります。押し出そうというイメージが強い場合にはマッサージが力強くなったり、セカセカと急いで手技を行いがちです。「むくみ」はリンパ管の外にある液体で、組織を圧迫すると簡単に移動しその部分に緩みが生まれます。一見「むくみ」が改善したように思えますが、一時的に液体が移動しただけで圧迫を解くと元に戻ってしまいます。靴下の跡が着くのも同じ理由によります。リンパのマッサージのもう一つの効果であるリンパ管の働きを活発にし、皮下組織にあるリンパ管末端の液体の取り込み口が開くことを助けるためには、皮下組織を動かすソフトなマッサージが重要になります。パンと張った緊張性のむくみでも力強くせず、ソフトな方法で回数を多く行う事が大切です。リンパ液を流す・押し出すことと同時にリンパ管に取り込ませるイメージも大切にしてください。
 
◎なぜ皮膚を摩擦してはいけないのか?
リンパマッサージの正確なテクニックでは皮膚との摩擦を最小限に抑える方法をとります。そのため、皮膚の上を滑ったりこすったりさせるのではなく、手と皮膚を密着させて皮膚ごとずらす方法で行います。皮膚の上を滑る場合、皮膚に充血が起きて赤くなり熱を発生させます。充血が起こる状態は血液循環が活発に行われていることを示します。循環する血液の量が増加することは新陳代謝がか活発になり、一見体に良いように思われます。しかし、リンパ浮腫の場合にはむくみの増加へつながるのです。
 
繰り返しになりますが、リンパ管が排出する液体は間質液と呼ばれるもので、間質液がリンパ管に取り込まれた時に初めてリンパ液と呼ばれるのです。つまりリンパ管の外に溜まっている液体であるむくみは間質液なのです。この液はリンパ管によって排出されなければならない液体でもあり、血液と組織の間で行われる酸素・栄養素と老廃物の交換である新陳代謝によって生じるものです。動脈で運ばれてきた物質を100とすると、細胞で使われ老廃物として排出される物質の内90は静脈によって排出されるため、静脈の役割は大きいと言えます。更に残った10つまり1割がリンパ管が排出を担当しなければならない物質なのです。
 
血液循環量が増える充血の状態は、リンパ管によって排出されなければならない物質の量を増やしてしまう結果になります。リンパ管の運搬能力が低下し、組織間に間質液が滞っている疾患がリンパ浮腫ですので、運搬物が増えてしまうとむくみが増えてしまうのです。このためリンパ浮腫の治療では血行を促進させてしまう熱い風呂やサウナを控え、充血を起こさせる強いマッサージや皮膚を摩擦する事の多い方法を避けるのです。
 
オイルを使ったマッサージでも皮膚の上を摩擦することは同じであり、時々強すぎるオイルマッサージを受けてリンパ浮腫を悪化させてしまう方も見受けられます。マッサージは注意して行って下さい。 

 

部位別マッサージ 
顔・頭



◎顔面部・頭部のドレナージュ
顔面全体を軽擦してから始める。
手技:皮膚に当てた手や指先を、皮膚上を滑らせないで同じ場所で円を描くように皮膚にずらしを加える。<Stehendekreise(独)、Stationaly Circle(英)、ここでは描円手技と仮称>
 
皮膚をずらすように以下の順番で行う
①鎖骨上窩 ②側頚部(上下2)③後頚部を(上下2)④耳前頬部 ⑤オトガイから頬角  ⑥人中から頬角 ⑦鼻尖から耳前 ⑧鼻元から耳前 ⑨側頭部から側頚部 ⑩後頭部から側頚部 ⑪前額部から側頭部 ⑫頭頂部から側頭部 
 
マッサージで手や指を当てる大きさは、その部位の広さに合わせて行う。なるべく大きく当てる。
排出先付近から始めて徐々に中心部へ移行する。
中心部まで移行したら、中心部から排出方向へもう一度マッサージ。 
⑫まで終えたら全体を軽擦する(さする)。
下顎骨の下側・眼窩付近・耳介のマッサージを加えても良い。 
 

 

腕のリンパ浮腫 



 ◎ 腕のドレナージュの順番
 
リンパ浮腫の方の場合は、健常な方の場合とは排出目標が違ってきます。
 
乳がんで腋の下のリンパ管などが除去や傷害を受け、腕のむくみが発生している場合、患部と反対側の腋の下が主な目標になります。患部と同じ側の腿の付け根も目標にできます。鎖骨の上の窪みも目標とすることが出来ますが、放射線が照射されている部位はマッサージできないので、注意が必要です。順序は目標箇所から始め、その後隣の部分をマッサージし、更に隣へと移動します。「マッサージの順序」の項を参考にして、徐々にむくみのある腕の肩甲骨付近まで移動してください。ここまでが腕のむくみを取り込みやすくするための下準備、体の環境造りです。腕のマッサージは肩甲骨部分を目標にして同様に行います。腕の内側・外側・裏側を意識して、手を腕に密着させてマッサージします。肘の周囲、手首の甲側、手の甲、指にむくみがあれば1本ずつ丁寧に行います。排出方向は常に肩甲骨方向ですが、マッサージする部分の移動方向は手や指先になります。ここが少し混乱しやすい点ですが、「マッサージの順序」を思い出して下さい。
 
◎右腕にむくみがある場合の例です。右鎖骨の下の灰色の部分のように放射線照射があった場合、太い矢印のようなマッサージは行いません。その下の黒の矢印はソケイ部へ向かう場合の方向です。照射されていない部分から下のルートになります。心臓へ向かっている細い矢印は、体の内部を通って排出されるルートを示しています。腕は肩から肘まで・肘から手首まで・手掌と3つ程度に分け、手を出来るだけ広く当てて「ずらす」ことを繰り返します。手の大きさによって1つの部分も3~4部位に分けられます。上に書いてあるように内側・外側・裏側を肩甲骨方向へ、手の甲や指は手首の甲側に向かうようにマッサージし、手の平の中央部分は手首の掌側に向かいます。マッサージをする時にテーブルの上にクッションなどを置き、その上に腕を置いて腕が疲れないように、そして腕の筋肉が緊張しないようにすると便利です。
 

 

脚のリンパ浮腫 



◎脚のドレナージュの順番
 
子宮がん・卵巣がんやその他のがんの治療のため、骨盤腔内のリンパ管・リンパ節の切除などが原因で発生する脚・足の浮腫の場合のセルフドレナージュの場合も健常な方の場合と排出目標や経路が違ってきます。
 
◎左脚にむくみがある例です。基本的には浮腫のある脚と同じ側の腋の下が目標となります。本来は左の腿の付け根へと排出されるのですが、リンパ管・節が傷ついているのでそこへ集めてくることはせずに、付け根に近づいたら内側は内腿を通って臀部へ、外側は臀部の外側を脇腹方向へ排出します。恥骨の上などに浮腫がある場合は外側の上方向へ向かって脇腹方向へ排液します。腹式呼吸による腹部の圧力変化により、腹部の深い所にあるリンパ管を刺激してリンパ液の排出を補助します。順序は最初に腹式呼吸をします。その後腋の下から始めて胸脇・脇腹と進め、臀部外側まで行います。これが体に対する下準備です。上半身をドレナージュするのが困難な場合は臀部から始めることになります。
 
ソケイ部は避けますが、その他は通常のドレナージュと一緒です。目標箇所から始め、その隣、更にその隣へとマッサージする場所を移動して行き、最終的には足の甲や趾まで到達します。 

 


椅子・台を使って



◎ 脚のドレナージュの場合、大腿部の後側やフクラハギがマッサージしにくい時は椅子や足台を使っても便利です。