東洋医学の経穴(ツボ)を意識しながら治療としての「日本式のマッサージ」を行っています。筋肉の硬さやコリを対象に体にアプローチして症状の緩和や治療をする方法です。適度な強さでマッサージを行わないと効果が無いだけでなく、いわゆる「モミ返し」が起こり体にダメージを与えます。マッサージでは筋肉全体を「揉みほぐす」だけでなく、ポイントとして鍼灸の「ツボ」も圧迫します。この時の圧迫方向や強さの微妙な違いが効果の差を生み出します。全身的な疲労感や体の硬さを感じている場合だけでなく、偏頭痛やコリからくる吐き気、眼精疲労、腰の重だるさ、脚のむくみなどにも効果的です。 



日本式マッサージが緩和効果を期待できる症状は以下の通りです。
頭痛・吐き気・眼精疲労・背部の緊張・不眠・腰痛・筋肉痛・手のシビレなど。マッサージは色々な症状に対応できますが筋肉を動かす治療ですので、炎症時や筋肉のダメージを受けてすぐの場合などには行えません。また、症状により、受け手の感受性により圧の強さも変えなければなりません。「痛いけど気持ちいい」程度の強さが適当です。


 

日本式マッサージ  基本・60分  
 ¥6,000
*延長や短縮も可能です。お問い合わせ下さい。
*他の治療と併用することも出来ます。
*お着替えのガウンを用意してあります



ヨーロッパなどではスポーツ競技前のウォーミングアップや競技後のクールダウンや一般的な治療として、オイル・クリーム・パウダーなどの潤滑材を用いたマッサージが行なわれています。 オストではドイツで行なわれているこの治療用オイルマッサージを取り入れています。基本的なマッサージ部位は、うつ伏せで「肩~背中~腰~臀部~脚の後側」・仰向けで「脚の前側」ですが、脚の前後側だけのパターンも用意してあります。日本的なマッサージは筋肉に対してアプローチしますが、オイルマッサージは筋肉と皮膚の間にある結合組織に対してアプローチします。日本的なマッサージが強すぎると感じられる方や、いわゆる「モミ返し」が出てしまう方などはこちらの方が適しています。また、脚部の疲労に対するケアとしても有効です。



オイルマッサージが緩和効果を期待できる症状は以下の通りです。
全身疲労・背部の緊張・不眠・腰痛・筋肉痛など。オイルマッサージは皮下組織と筋肉にアプローチするマッサージ法で、運動時の筋肉のケアには最適です。 


 

オイルマッサージ(ベーシック) 約40分
「肩・背中・腰・臀部・脚前側・脚後側」
 ¥5,000
オイルマッサージ(バイン)   約25分
「脚後側・脚前側」
 ¥3,500
*浸透性の高いドイツ製PINOオイルを使用しています。
 
 

           ページトップへ